シェアハウス清掃

シェアハウスの今後

2000年以降、親元から独立した若者が都市に住まいを求めたときに、実際の手取りの年収と家賃との比率を考え、多少は不便でも家賃が安いシェアハウスに住居を求めるようになったことは確かであります。

プライベート重視の考えで共同住居よりワンルームマンションにこだわり続けてきた日本人の考えも、学生時代の海外留学や、外国人訪日客数の上昇など外国人と接する機会が増えてきたことにより、日本人の考え方が欧米化してきたことも要因と言えるかもしれません。

そしてバブル経済以降は大卒の年収が上昇せず、20万円台前半に留まる中、逆にワンルームマンションの家賃が右肩上がりに上がってきた時代背景もあるでしょう。

上記のことから若者たちは年収と家賃の比率を考えたとき、共同住居(シェアハウス)へ向かっていったのはむしろ必然と言えるのではないでしょうか?

さらに、成人年齢がゆとり世代から、さとり世代に移り変わる中、若者たちの志向は良い車を所有したり、良い住居に住むよりも、充実した『事』や『時間』にお金を使う方に価値観が変わってきました。そう言ったことからの住居に対しての価値観の変化もシェアハウスが認知されてきた大きな要因と言えるかもしれません。

上記のことから今後も、首都に住まいを求める傾向が続く限り、設備が充実して家具付き光熱費込みのシェアハウスの需要は若者を中心に高まっていくことが予測されます。

シェアハウスの清掃はお任せ下さい。

アドバンスサービスでは、創業から25年間お掃除を中心に力を入れてきました。
スタッフの共育、モチベーションの維持のために感謝祭や勉強会おこない、
高い技術力とお伺いするスタッフや社員の人柄にはご好評を頂いております。

アドバンスサービスが信頼される理由

シェアハウス清掃

当社のシェアハウス清掃は、おもに共有のキッチン、浴室、トイレ、リビング、廊下、玄関、ゴミ出しなどが仕事です。
皆様がお困りの共有部の清掃を私達が代わりに行います。
忙しい人に代わって私達がお掃除を行います。

入居者が持ち回りで清掃を行う。という考えから、
入居者から共益費を集めてプロにやってもらおう。という考え方に変わってきています。

シェアハウスには、キッチン、風呂場、トイレ、玄関など共用部分があります。
トイレや浴室は自分だけが使うわけではなく、入居者全員が使用するため、汚れやすく、ホコリも溜まりやすいです。
きれい好きな人や、汚れが気にしてしまう人にとっては頭を抱えるポイントです。
ゴミのルールも人によって考え方が違うために、粗末になることが多いと言われています。
共有部の掃除に関しては、入居者同士で掃除のルールを決めていくことになりますが、掃除に対するレベルも個人差があり不満が溜まる原因にもなります。
入居者の不満が溜まり、もめ事が起こるケースや、それが原因で退去してしますケースも多くみられます。
これからはシェアハウスの清掃を外部に委託し、清潔で快適な空間を提供して長期間シェアハウスに入居して頂きましょう。

サービス内容


  • 共有のキッチン清掃

  • 浴室清掃

  • トイレ清掃

  • リビング清掃

  • 廊下清掃

  • 玄関清掃

  • ゴミ出し

当社のオフィス清掃に関して

小型のシェアハウスから大型のシェアハウスまで、お見積は無料です。

シェアハウス清掃はアドバンスサービスにお任せください。マンション・病院・オフィス・介護施設など、清掃全般・ビル管理まで、皆様のニーズにお答えします。ビル清掃や定期清掃を関東エリアでお考えならアドバンスサービスにご相談下さい。