家事代行の業務委託について家事代行の業務委託について

最近はネットで受注した家事代行の仕事を、数パーセントの利益を取って下請け発注や業務委託をする会社が増えてきています。いわゆるプラットフォーム型の方式です。

しかしプラットフォーム型の会社が個人事業主に業務委託をする場合は、万が一の責任も業務受託側の個人負担になるので様々なトラブルが起きています。

・鍵の紛失
・食器や照明器具の物損
・家具へのキズ
・壁や床への傷
・展示品の破損
・ペットの事故

など、家事代行の仕事は長年仕事をして行く中では万が一の事故はやむを得ず起きてしまいます。

個人事業主では、保証の範囲にも限度がありますし、入れる保険も上限が限られているので、トラブルになるケースが多くなります。

さらに教育の面でも、全て個人事業主に一任するというケースがほとんどで、会社が主催する定期的な勉強会などは行われていません。

そして個人事業主にはいわゆる「マネージー」や「担当営業」がいないので、お客様の要望や不満、注意したいこと、クレームなどはお客様から個人事業主本人に直接言わなければならないので、関係が難しくなることも度々です。

その代わりプラットフォーム型は、費用が安い、契約が簡単、人を選べる等のメリットもありますので短期的に家事代行を頼む場合はメリットも大きいと言えます。

しかし大切な我家に他人が入るこの業界です。様々な面から考えるとしっかりとした信頼のできる会社組織に依頼する方が良いのではないでしょうか?

新型コロナウイルス感染予防対策について

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、お客様と従業員の健康と安全確保のため、アメイド株式会社では新型コロナウィルスの感染予防対策を実施してまいります。