-->

受水槽更新、塗装・ライニング工事

受水槽の種類FRP製貯水タンク

FRP製貯水タンクはFRP(ガラス繊維強化ポリエステル)と呼ばれる素材で出来ており、価格が安く、運搬、組立が非常に容易なタンクになります。

安価、軽量でメリットの大きそうな素材ですが、
下記のようなデメリットがあります。

  • ① 耐用年数は約15年で強度が20~30%低下する。
  • ② パネルのパッキンやボルト、ナットの錆穴より漏水する。FRP製受水槽は修理が難しく、修理後2~3年で漏水する可能性がある。
  • ③ 経年劣化により水槽内部・外部のパネルの汚れが落ちにくくなる。

上記のデメリットを解消するために当社では、

  • ・貯水槽内面外面のコーティング工事
  • ・接合部FRP樹脂ライニング工事
  • ・気相部ボルト・ナット取替工事 など

様々なご提案が可能になっております!

まずは一度お問い合わせください! 知識、技術の有る当社社員がお伺いさせて頂きます!

RC製貯水槽コンクリート製貯水タンク

コンクリート製貯水タンク(RC製貯水槽)とは、過去にビルが建てられるようになって以来、建物の地下に地中梁などを使用し作られてきた、貯水タンクになります。しかし、1997年に建築基準法が改正されて、貯水タンクは外面六面点検が出来るように義務付けられました。以来、例外的な場合を除いて、設置できない様になりました。このタンクは飲料タンクの隣に汚水タンクや、雨水タンクがあることが多く、ポンプ故障などで隣のタンクの水が、飲料タンクに入ってくる危険性があり、危険と隣り合わせです。コンクリート製貯水タンク(RC製貯水槽)は定期的なメンテナンスと補修が非常に重要になります。

コンクリート水槽全面ライニング前(壁)

コンクリート水槽全面ライニング後(壁)

アドバンスサービスの工事実績

外面塗装前

外面塗装後

受水槽内天井気相部ボルト・ナット交換前

受水槽内天井気相部ボルト・ナット交換後

天板塗装前

天板塗装後

コンクリート水槽全面ライニング前(床)

コンクリート水槽全面ライニング後(床)

受水槽パネル継目FRPライニング前

受水槽パネル継目FRPライニング後

受水槽内コーティング前

受水槽内コーティング後

受水槽周辺配管改修前

受水槽周辺配管改修後